毎日がアルツハイマー2 監督

top+.jpgsaku.jpgppc+.jpgpro.jpgkan2.jpgcome.jpgjou.jpgyoko.jpg

topkan5.jpg


namedirec2.jpg

di2.jpg
日本で大学卒業後、オーストラリアに渡り在豪29年。2010年1月、母の介護をしようと決意し、帰国。
2009年より母との日々の様子を映像に収め、YouTubeに投稿を始める。2012年、それらをまとめたものを長編動画「毎日がアルツハイマー」として発表。現在に至るまで、日本全国で上映会が開催されている。
オーストラリアで天職である映画監督となり、1989年「戦場の女たち」で監督デビュー。ニューギニア戦線を女性の視点から描いたこの作品は、世界中の映画祭で上映され、数々の賞を受賞した。メルボルン国際映画祭では、グランプリを受賞。
その後、アン・リー監督(『ブロークバック・マウンテン』『ライフ・オブ・パイ』他)にコメディのセンスを絶賛され、コメディを意識した作品を目指すようになる。作風は、ズバリ重喜劇である。作品には、いつも一作入魂、自分の人生を賭けて作品を作ることをモットーとしている。

主な作品

1989年 「戦場の女たち」
(55分/企画・監督・編集・共同プロデューサー)
1992年 「When Mrs. Hegarty Comes To Japan」
(59分/オーストラリア作品/日本未公開/企画・監督・プロデューサー)
2007年 「THEダイエット!」
(英題:Fat Chance/52分/オーストラリア作品/日本公開2009年/企画・脚本・監督・共同プロデューサー)
2012年 「毎日がアルツハイマー」 
(93分/企画・脚本・監督・共同プロデューサー)

主な著作

1990年「戦場の女たち」 製作ノート(リトル・モア出版)
2009年「夢を壊さないでっ!ゆかのTHEダイエット!」(パド・ウィメンズ・オフィス出版)
2012年「毎日がアルツハイマー」(パド・ウィメンズ・オフィス出版)
2013年「ボケたっていいじゃない」(飛鳥新社 出版)